海の見える街に暮らしたい!
というのは誰しもが描いたマイホームの姿ではないでしょうか?
そんな夢を叶えることのできる新しい場所が実は福岡市内には存在します。

海の中道

福岡県福岡市東区の博多湾和白沖に埋め立て方式で建設中の人工島アイランドシティーは博多港の港湾機能の強化や、宅地開発等のために計画された、開発の進む新しいベットタウンです。

福岡市東区の賃貸物件 http://www.dream-stage.net/c/higashiku/

西側のみなとづくりエリアと東側のまちづくりエリアからなり後者は住宅地と産業用地および公園などが着々と整備される予定が今も進行しています。

みなとづくりエリアは主に埠頭用地と港湾関連用地として使用され、福岡市青果市場が整備されることが決定しており、福岡市立こども病院・感染症センターの後継となる病院が建設される計画もあ李ます。
元々福岡市は起伏の多い地理にありますがアイランドシティは海の中に造られた埋め立て地であり海に面して平坦に整備された希少な土地であることから高低差や配棟計画に配慮された居住地として造られた計画的な街です。
高層マンションの上階からなら海を眺めることのできる開放的な眺望が魅力で人気の場所でもあります。

照葉のまちは、海と緑が常に感じられるように配慮、設計されています。

一戸建てやマンションが多く立ち並ぶ、福岡市では数少ない新興住宅地なのです。

海辺のマイホームで季節の風を感じ広大な公園で子育てにも恵まれた環境から夢に見たイメージと現実がマッチングする場所子どもと共にアイランドシティーは共に成長する街と言えます。